アニマルメディスン:馬

2011年3月18日のブログより
震災から一週間ぐらい経ってのブログですね。まだまだ辛く思い時期でしたよね。
 
馬であり続けることはなんと難しい事なんだろう。馬であることを厭わない人でありたい。
 
本日は馬です。その前にイタチがころんころん。
イタチのメディスンは現実を見据える力です。疑いの霧、惑わすものを見据えなさい。
そして馬ちゃんです。

このカードをみて、あ~自衛隊の方や命かけて救助されている方

援助に関わってくださっている方を思ったりもする。
そしてそれを見守り祈る私たちも私たちなりに走っている。
分け合うこと、いたわり合う気持ちを大事に。


そして、現実を見据えて生きていよう。

メディスンカードの本より抜粋
馬は現実的パワーと超現実的なパワーを意味する。
文明化の始まりは馬を飼いならし、その背に乗って遠いところや重い荷を運ぶことで私たちは地を這う生き物から、人間の自己概念、私たちはスーパーな存在で
地を這わず、便利でなんでも出来る存在という自己概念を持った。
馬は知恵を体現する、パワーは誰彼に与えられるものでなく、必要のために旅立ちものに長い旅の経験に与えられる。
バランスのとれたやり方で責任を引き受ける意志あるものに、報いとして与えられる。


「他人のモカシンをはいて(他人の立場に立って)歩いた道を思い返す。

慈しみ、いたわり、教え、愛、才能、能力、ギフトを分け合う心が大切。


以上

これから復興には時間を要し、今までの世界への執着を手放すことも必要だし

新しい価値を認めるまでには時間がかかるでしょう。皆が馬になって走る。

何故、馬は走るのか。出来るだけ早くにあの人に何かを届けたい。その気持ちを行動に移したかったから。反対に馬を飼いならしたことにより、自分の中にある優しさに気付いたのかもしれません。
文明化は進みすぎたのかも。何故、そうしたのかな。
何故、光が欲しくていつも明るい環境を欲したのか、馬から車を欲したのか。
「他人のモカシンをはいて(他人の立場に立って)歩く道は長いでしょう。
しかし、それは今までだって一緒だったはず。

慈しみ、いたわり、教え、愛、才能、能力、ギフトを分け合う心を忘れないように。

できることから、一日を大事にして過ごそう。
馬に乗るということは少し特別な行為なんですね。
 
瞑想をしていて自分が馬に乗り始めた時に現実は変わりました。
タロットカードのコートカードでナイトという馬にのる元素四兄弟がいるのですが
まさにこの馬に乗るということ、ページのカードの歩いている小姓さんとの違いを
実感しました。
 
西洋では馬に乗り、自分の愛馬があるって特別感がありますよね。
日本でも時代劇で白い馬っていうのもとても特別感がありました。
 

星の練習生

アストロシャーマン・コダマ凜の自然魔術と秘教ヒーリング探究のブログ

0コメント

  • 1000 / 1000